少子高齢化が進む現在の日本においては、国内市場の現存事業の多くが中長期的にマーケットの縮小により事業規模が小さくなると言われています。
漠然とした危機感を抱いていた中、成長分野の一つとしてインバウンド関連その中でもビジネストラベルを主軸に置いたMICEに関わる実務を、8年間ほど政府・国の事業を中心にかかわってまいりました。
2021年現在、COVID-19による訪日受入れ困難な状況によりMICEも2年ほど停滞が続くと思われます。

この2年間、活動を休止するのではなくマーケットが復活すると思われる2年後に向け積極的なプロモーションや人材の育成、組織の再編を行う準備期間ではないかと考え、コンサルティングやコーディネート業務を中心にした事業を、自らの経験に裏打ちされたノウハウ提供することと、同じ志を持ったスペシャリストをコーディネートしていくために起業することといたしました。

今回の危機は事業のスキームや商品の価値観、会社の意義、様々なリファレンスが世界的に大きく変わる可能性を秘め
小規模でも変化に対応し強い事業体が生き残り成長すると確信しております。

答えは主催側と一緒に探し見つけ出すこと・・・
皆様に取って最適な答えを、共にあゆみ導き出す機会を与えて頂ければ幸甚でございます。

株式会社ディーフィッツ
代表取締役社長
齋藤 大一